外壁カバー工事 富山県氷見市K

屋根葺き替え/外壁カバー工事/施工事例

工事費用:1,950万円(税込)

築約50年のK様邸。既存の屋根は昔ながらの瓦でした。母家の屋根の施工面積は380㎡。広範囲の屋根リフォームをするにあたり、コスト面を考慮しつつ耐久性と軽量化が実現できる屋根材をご提案しました。採用したのはリクシルの「Tルーフ」です。和風のデザインを選んだことで、既存の屋根の雰囲気を残すことができました。

弊社の近隣に住むお客様からのご紹介で、屋根の葺き替えと外壁カバー工事を行いました。先代から受け継がれてきた家屋は、築約50年が経っており、外壁のサビや劣化、屋根瓦は浮きやズレが目立っていました。建材選びのポイントは、自然災害にも備えられる、軽量で丈夫な建材です。また、メンテナンスの軽減も視野に入れ耐久性の高い屋根材と外壁材で施工を進めていきました。

施工データ

エリア 富山県氷見市
建物種別 木造二階建て
築年数 約50年
リフォーム面積 家の建坪 95坪
屋根施工面積 母屋:380㎡
       納屋:178㎡
外壁施工面積 母屋:260㎡ 
工事費用(詳細) 母屋:1,575万円(税込)
納屋:375万円(税込)
工期 約3ヵ月
家族構成 夫婦(60代)とお嬢様

お客様のご要望

先代から受け継いだ母家と納屋を、定年を機に安心して長く住める家にしたい。

ご提案内容

築年数が経っていたこともあり、現場の調査に併せ雨漏り診断を実施しました。屋根瓦の浮きやズレがあり下地の劣化も進んでいました。当初は、瓦の葺き替え工事も視野に入れましたが、母家と納屋の施工面積が広いこともあり、コスト面を考慮したリクシルの「T・ルーフ」でご提案。和風のデザインを大切に残せるよう「T・ルーフ・クラシックN」を採用しました。外壁は耐震性・耐久性の高い「ガルバリウム鋼板」でご提案・施工しました。

Before / Afterビフォーアフター

母家

Before Before

屋根瓦の浮きやズレが目立っていました。板金の外壁は経年によるサビや劣化が進んでいました。

After

屋根材は軽量かつ耐久性の高いリクシルの「Tルーフ」をご提案。しっかり固定できる工法でお施主様に安心をご提供できました。バリエーションの中から「T・ルーフ・クラシックN」を選び既存の屋根瓦の風合いを残しています。外壁は屋根材に似合う「ガルバリウム鋼板」で施工。金属素材でありながらサビにくい点が魅力の一つです。

納屋

Before Before

納屋は母家以上に劣化が進んでいました。雨樋がなかったため、雨ざらしの状態でサビが目立っていました。当時は取り壊しも視野に入れましたが、農機などの農具を納めていたこともありリフォームで残す方向で進めていきました。

After

納屋の屋根にはリクシル「T・ルーフ・ヴェルウッド」を採用しました。母家同様軽量化と高耐久が実現しています。雨樋は新設しています。

瓦屋根の風合いそのままで、安心と安全をご提供。

お施主様のニーズに合った屋根材と外壁材をチョイス!

近年多発する自然災害にも備えるべく、デザイン性もありながら、軽量で丈夫な建材を選んでいきました。

当初は、和風瓦の葺き替えでのリフォームも検討しましたが、屋根の施工面積が広いためコスト面に考慮した別の建材で検討をはじめました。また、自然災害による被害もご心配の様子でしたので、屋根の軽量化と耐久性の向上を目指しました。

採用したのは、耐食性の高いガルバリウム鋼板に天然石が吹き付けられたリクシルの「Tルーフ」です。仕上がりの美しさと、メンテナンスフリーで人気の屋根材です。

K様からも「全体的にキレイになって、屋根に響く雨やアラレなどの音も静かになりました。」とお喜びのお言葉をいただきました。

世代を超えて受け継がれてきた住まいの工法を大切に、難題にもチャレンジすることができました。

既存の屋根(母家)の隅棟部分のヘリには特徴的な反りがあり、大工仕事のこだわりが盛り込まれていました。K様が大切に受け継がれてきた家屋でしたので、建築時の屋根のデザインを残す方向で設計し、既存の造りに合わせて下地から加工していきました。

はじめての試みで試行錯誤して行う部分もありましたが、多くの学びをいただくことができました。

屋根葺き替え/外壁カバー工事/施工事例/施工後/屋根

 

リフォームや増改築など気になるお家のことは住まい~ねにご相談ください!

小さな修理だけでも大丈夫!
ご相談からお見積りまで無料でお受けいたします。